わかりにくい整骨と整体の違い

あなたは、整骨院、接骨院、ほねつぎを三年以上学び、国家試験を受けて合格したものだけが、厚生労働大臣から免許を与えられ、柔道整復師を名乗れることをご存知でしたか?

 

その柔道整復師が施術を行うのが、私たち整骨院なのです。

 

ただし、医業を行うことができるのは、医師だけなので、柔道整復師ができるのは、医業類似行為ということになります。

 

柔道修復師の治療は、日本古来の伝統医療で、骨折、脱臼、捻挫、打撲等(急性期の外傷)の回復をはかる施術を行うことができますが、慢性症状(肩こり、腰痛、肉体疲労等)に関しては、健康保険は適用されません。

 

それに対して、整体、カイロプラクティクなどは、公的な資格のない民間療法です。
したがって、健康保険等は適用できません。

 

整体に関しては、規制する具体的な法律がないため、素人でも始められるのですが、事故が多いのも事実です。

 

また、カイロプラクティクは、法整備している国もあるのですが、日本では依然として、法整備されていないというのが現状なのです。

 

まとめると・・・・・

 

  1. 国家資格かどうか
  2. 健康保険が適用されるかどうか
  3. 法整備がきちんとされているかどうか

 

以上の3つが代表的な整骨院と整体院の違いということになります〜

 

 

>>>>>365日24時間OKの無料メール相談はこちら